マンションを売る前に実取引価格を知ろう

秘密にする女性01

マンション売却を考えるとき、一番気になるのは「実際に、いくらで売却できるのか?」ではないでしょうか。

なるべく高く売り出したいけど、購入者にとって魅力のある価格じゃないと興味を全く持たれずに引き合いすらないときがあります。

しかし、実際に取り引きされている価格がわかると…

  • 売却を急ぎたい場合は、実取引価格に近い価格で売りに出す
  • 売却にある程度時間がかかってもいいなら、少し高めにして売りに出す

などの検討がきめ細かくできるようになります。

マンションの実取引価格が分かるサイト

今まで、どこにも広く公表されていなかったマンションの実際の売買価格が、「マンションナビ」というサイトで、約2年前くらいから、全国の分譲マンションの約95%をカバーして分かるようになりました。

マンションナビは、実際に売買されたマンションの直近の取引価格が最大5件(取引例がない場合は0件)掲載されています。

また、ここがポイントなんですが、簡易的な相場価格として過去の販売事例などに基づき不動産仲介市場で、3カ月程度で販売ができると考えられる価格がAIにより自動算出されて表示されます。

利用方法は簡単で、所有しているマンション名、または住所、最寄駅を選択して、その名称を入力するだけです。なお、上記の全てを見たい場合は、無料のメンバー登録が必要です。メンバー登録は、メールアドレスを登録するだけです。(サイト・マンションナビ

実取引事例では、取引のあった「年月・価格・専有面積」のみが表示されます。簡易的な相場価格では「専有面積・フロアー・部屋の向き・角部屋か否か」を指定して、その条件での価格をみることができます。

相場価格は、室内状況など個別要因は一切考慮されていないので、実際の売買価格・相場と大きく離れる場合が生じますが、最低の販売価格として非常に参考になるでしょう。

それまでのマンションの販売価格とは

今までは、実際のマンションの売買価格を知る方法はありませんでした。一般的に近隣マンションや同じマンションの別の部屋が売りに出されていても、分かるのは売主が希望する販売価格であって、実際に取引された売買価格ではありません。

これでは、売りに出す価格しか推測できません。そのため、マンションを売却して別の不動産を購入する場合など、資金計画が立てられず非常に不都合です。

そのため、どうしても自分の売りたい価格と不動産会社の査定を考慮して、一番高い価格に販売価格を設定することになります。この場合、早く売却したい場合は、引き合いがないと売り出し価格をどんどん下げないといけません。

下へ

info机上査定ができるおすすめ
不動産査定サイト

2019年10月現在でおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。もちろん全都道府県対応、無料でご利用できます。

infoイエウールの無料オンライン査定
はこちらから

ページの先頭へ