中古マンションをリフォームして売却するメリット

マンションの売却を検討するとき、リフォームしてから売却するのは、購入者の好みもあることから、一般的にはリフォームせずに販売されるケースがほとんどです。

しかし、少し古いマンションになると生活感が強く出た古くさい印象が強くなったり、汚れが目立つことによって嫌悪感を購入希望者に与えたりすることになります。そのため、最終的に売却できたとしても、値引き幅が大きくなったり、売却までの時間が長くかかることになります。

スムーズな売却を考える場合、リフォームしてから売却に出すのも1つの選択肢になります。そこで、リフォームしてから売却するメリットについて説明します。

リフォームしてから売却するメリット

中古マンションのリフォーム

リフォームしてから売却するメリットは、購入者が古くさい印象や汚れから、最初の段階で購入検討から無条件に外されてしまうことを回避できることです。

マンションを購入したいと考えている人は、高価な買い物だけに予算も重要視しますが、これから長く住むことになるマンションに対しては夢を持っています。

多くのマンション購入希望者は、住みたいという夢を持てないような印象のマンションは、価格的に条件にあっていても、購入検討対象から外します。

そして、多くのマンション購入者は複数の物件から1つに絞り込みます。最初の段階で購入対象から外されることは、値引き幅を大きくしたり、長く販売を継続しないとマンション希望者が現れないことになります。

そのため、客観的に見て、多くの人に夢を与えないような古くささや汚れがあると思えば、リフォームしてからの販売するほうが、より高額で、より早く売却ができます。

中古マンションのリフォームのポイント

費用面の問題や購入者の好みもあるので、全面改装ではなくあくまでも、このようなマンションには住みたいとは思わないと、多くの人が共通に強く感じる古くくささやの汚れのある箇所をリフォームするのがポイントです。

特に玄関を入って、最初に悪い印象を持たれないように玄関周りや、主婦が気にする水周り、その他、強い印象を与えそうなひどい汚れや古くささを感じる箇所をポイントにリフォームを検討します。古くささや汚れは気にすれば、すべてが気になって全面改装したくなるかもしれません。しかし、その費用はすべて売却価格に跳ね返って、かえって売れにくくなる可能性があります。

また、マンションの価値は、駅から距離や周囲の住環境など多くの要素から総合的に判断されます。マンションが築年数などに比べて、他の物件よりきれいだからという理由だけでは、購入されません。売却を依頼する不動産会社などに客観的な意見を求めて、必要最低限にとどめると成功します。

info弊サイトお勧めの不動産査定サイトは…

弊サイトがおすすめする優良な不動産査定サイトは「イエウール」です。サイト利用者数がトップクラスの1,000万人以上になります。約60秒の入力時間で、全国1,500社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を比較できます。オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。もちろん全都道府県対応、無料でご利用できます。

infoイエウールの無料オンライン査定はこちらから

ページの先頭へ