不動産業者との契約の種類

不動産業者を通じてマンションを売却する場合、「一般媒介・専任媒介・専属専任媒介」という3つの契約方法を選択できます。それぞれの内容は以下の通りです。「媒介」は「仲介」とも呼びます。

一般媒介契約
一社だけでなく、複数の不動産会社に同時に依頼できます。レインズ(後述)への登録義務はありません。売主への売却活動の報告義務はなし。

専任媒介契約
一社の不動産会社しか依頼できません。専任媒介契約後に、売主が知人などに売却することができ、この場合手数料はかかりません。契約後7日以内のレインズへの登録義務があり、売主に2週間に1度の売却活動の報告義務がある。

専属専任媒介契約
一社の不動産会社しか依頼できません。また、専属専任媒介契約後に、売主が知人などに売却する場合にも仲介手数料が発生します。契約後5日以内のレインズへの登録義務があり、売主に1週間に1度の売却活動の報告義務がある。


一般媒介・専任媒介・専属専任媒介の図解

一般媒介専任媒介専属専任媒介
複数の業者との重複契約不可不可
買主と直接売買不可
媒介業務の報告義務なしあり(2週間1回以上)あり(1週間1回以上)
レインズ登録義務なし(登録しても可)あり(7日以内)あり(5日以内)

参考・「一般・専任・専属専任」の違い


「専任媒介」と「専属専任媒介」との違い

「専任媒介」と「専属専任媒介」との違いは、マンションを売却する売主が、自分で購入者を探してきた場合、媒介手数料を支払うことなく買主に売却できるのが「専任媒介」です。「専属専任媒介」では、自分で見つけてきても「専属専任媒介」契約した業者経由でしか売却できません。ただし、買主を自分で見つけてきた場合、その事実を業者に通知しなければなりません。

通常、自分で買主を見つけることは難しく、またマンションのような不動産では所有権の移転登記の手続きや売買代金の受け渡しと所有権登記をスムーズに行うには、不動産業者経由で司法書士に依頼する方が取引の安全や手間を考えると便利です。そのため、実質的には「専任媒介」と「専属専任媒介」は同じと考えても良いでしょう。

レインズとは

レインズは、英語表記で「Real Estate Information Network System」の頭文字をとった略語「REINS」のことで、不動産業者が閲覧できる不動産物件の情報交換を行うコンピュータネットワークシステム(不動産物件データベース)のことです。

このシステムができる前は、売却物件の情報は売却依頼を受けた不動産業者のみが所有していました。しかし、このシステムに登録されると全ての業者が閲覧でき、マンション購入希望者が現れると、希望の条件に合うマンションをどの業者も探して販売できます。

info机上査定ができるお勧めの不動産査定サイト

弊サイトがおすすめする優良な不動産査定サイトは「イエウール」です。サイト利用者数がトップクラスの1,000万人以上になります。約60秒の入力時間で、全国1,800社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を比較できます。オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。もちろん全都道府県対応、無料でご利用できます。

infoイエウールの無料オンライン査定はこちらから

ページの先頭へ