築年数が古いマンションを売るときのコツ

古いマンションでも良いから購入をしようと考えている人は、価値観が多様に分かれています。購入者の価値観によって、「専有面積・駅からの距離・生活環境・間取り・日当たり」などの重点に置くポイントは分かれます。そのため、マンションの良さを最大限アピールできるようにして、その良さを求める人に高く売却をできるように考えます。

ここでは、築年数が古いマンションを売るときのコツをご紹介します。

関連ページ・築浅マンションを売るときの注意点


高値売却のポイントは「古いマンションの良さを具体的にアピール」

例えば、日当たりが良ければその良さをアピールできるように、雨や曇りの日に内覧に来られても、ちゃんと訴求できるように日当たりの良さを訴求できる写真を撮っておきましょう。

また、主婦としてキッチンから洗面所・お風呂・バルコニーなどの動線の良さが優れていると思えれば、それを積極的にアピールできるように、その動線にモノを乱雑に置かないようにして、よく見てもられるようにしておきます。

立地条件があればアピールしましょう

生活環境に重きを置く人用には、周辺の公共施設・教育施設・買い物・銀行などを細かく地図上に書いて渡せると効果的です。マンションを探している人は、周辺地域の環境には無知な場合が多くあります。

間取りについても、少し希望と違う人が居るかもしれないので、今のマンションの間取りについて便利と思われることを説明できるようにしておきましょう。バルコニーの広さを訴求できるなら、バルコニーにはモノを置かないようして購入希望者を迎えます。

築年数が古いマンションを狙っている人もいる

築年数が経っているマンションを「自分好みのスタイリッシュな部屋にリフォームしたい」と考える方も多いようです。

古さの割に、きれいさや清潔感があることも非常に重要ですが、それ以上にマンションの良さをできる限り具体的に説明できるようにすることで、そのニーズを求めている購入希望者に値引き要望を抑えて、高値売却をすることが可能になります。

下へ

info机上査定ができるおすすめ
不動産査定サイト

2019年8月現在でおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を比較できます。オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。もちろん全都道府県対応、無料でご利用できます。

infoイエウールの無料オンライン査定
はこちらから

ページの先頭へ