マンション「14階建て」「15階建て」の違いは?

あなたは知っていますか?実は、一般的な45m級マンションのほとんどは「地上14階建て」「地上15階建て」に別れています。

そして、この「1階の差」には、私たちが知らない「大きな差」が存在する裏事情があります。この階数の理由と「大きな差」について解説しましょう。知っておきたいマンションの豆知識です。


建築基準法と消防法が理由で、45m級マンションが多い

14階建ての建物と15階建ての建物

建物は、31m・45m・60m・100mを区切りに、それぞれの高さによって、建築基準法と消防法を満たさなければならない条件があります。高くなるにつれてその基準は複雑になり、設計と建設に、より費用がかかる仕組みになっています。

建築上、基準とコストのバランスが最も良いのは45mになります。このことが原因で、近年国内で最も一般的な中層マンションは45m級です。

新しくマンションを建てるときには、費用対効果を最大にするために、45mギリギリの高さに合わせて建てることになります。これが、マンションは「地上14階建て」か「地上15階建て」になっている原因なのです。


ここまで読まれると、お気づきかとは思いますが、
「15階建て」の場合だと、1階あたりの高さ(階高)が低くなってしまいます。

14階建てと15階建てでは、生活環境が変わる?

平均的なマンションの天井高(床から天井までの高さ)は2.40〜70mで、もちろん「15階建て」では贅沢な天井高は望めませんが、だからといって、極端に天井が低くなるという例は、ほとんどありません。実際にしわ寄せがくるのは、天井から上階の床までの幅になることが多く、この「天井↔床」の幅が「14階建て」と「15階建て」の違いで、生活環境が少し変わってしまいます。


14階建て、15階建ての大きな違い

この「天井↔床」の空間について、14階建て、15階建てそれぞれの違いを説明します。

14階建ては「二重天井・二重床」

二重天井・二重床

理想的な天井と床の構造は「二重天井・二重床」といわれ、その名のとおり天井と床が、共に二重構造になっています。

特に、二重床は主に階下への遮音効果が高いと注目(&論議)されていますが、その間にできる空間(空気層)に換気扇ダクトや水回り・ガスの配管などを直接設置する(隠せる)ことができるのが、最大のメリットになります。

より階高をとれる14階建ては、この二重天井・二重床の構造にできる可能性が高くなります。

特に給排水の水回り配管設備の間取りは重要で、パイプに傾斜をつけさせるために(水は上から下に流れる)、十分なスペースを確保しなければいけません。14階建てだと、これらの設備を二重床の空間に収納でき、段差のないバリアフリーなど各部屋をスッキリとした環境に仕上げることができます。例えば、近年一般的になりつつある「リビングからベランダを、段差のないバリアフリー」にするには、この2重床だからこそ実現できます。


15階建ては「二重天井・直床(じきゆか)」

直床・二重天井

十分な階高が確保できないと、「二重天井・直床」になっている場合があります。直床とは、床の下が空洞ではなく、直にコンクリート層になっている構造です。

この場合、特に水回り排水管の設備を設置する場所がないので、生活空間に押し上げることになってしまい、水回り付近の床が高くなるケースがあります。床下に空間を作るために段差をつけて、その空いたスペースに配水管の設備を設置しているのです。

これでは、見栄えが悪くなるだけではなく、お年寄りや子供の生活環境には、あまり配慮されていないといえます。

設備が配置されている仕様によってはメンテナンス(交換)が極めて困難になるケースもあるようです。直床は、性能要件を満たすことができ、二重床に比べて安価に加え、直床の縦幅が短い分、部屋の天井を高くとれるメリットがあるので、階高が低いマンションによく採用されているのです。

状況によっては、15階建ては将来のリフォームが難しいかもしれない

十分なスペースがある二重天井・二重床は、それぞれの設備の移動が可能で、将来リフォームなどで間取りを大きく変えたいときなど対応できますが、二重天井・直床の場合、(特に)水回り部分はほぼ固定して造られているので、思い通りの間取りに変更するには難しくなる可能性があるかもしれません。


15階建ては注意すべきか?

階高が高いマンションのエントランスホール

マンションの購入を考えている方は、とりあえず「14階か15階?」かをチェックしましょう。一見14階建てでも、天井の高いエントランスホールやテナントなどが入っていて、1階の階高のみ高くとってあるマンションも多くあります。

15階建てであれば、天井の高さ、水回りの配管の位置、遮音性に、「配慮が行き届いているか」観察するべきでしょう。直床であれば、給排水の仕組みが二重床の代替として、どのように工夫されているか注目しましょう。

販売者の利益優先で設計されたものよりも、利用者のために「住み心地」と「将来性」を考慮されたマンションに住んで欲しいとは思いますが、より多くの世帯でマンションを共有することで、「維持管理するコストの負担を抑えることができる」「人気のある場所では、1戸当たりの土地代が安く住める」という肯定的な意見もあるようです。

下へ

info机上査定ができるおすすめ
不動産査定サイト

2019年8月現在でおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を比較できます。オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。もちろん全都道府県対応、無料でご利用できます。

infoイエウールの無料オンライン査定
はこちらから

ページの先頭へ